RSS | ATOM | SEARCH
いのちはどこにありますか? 硫黄島 父からの手紙と母のノート
宮誠著(文芸社)1,200円+税

「よく誠ちゃん靖政ちゃんの夢を見ます」
 昭和19年の春、著者・誠の父親はそう手紙にしたためていた。当時、まだ子どもだった著者と弟・靖政の2人が仲良く楽しく遊んでいる姿を夢に見る、というのだ。兄弟が遊んでいたのは、のどかな故郷の自宅の庭だろうか。それとも野の花の咲く原っぱだろうか。いずれにしても、夢の中には温かい光に包まれた穏やかな情景が広がっていたことだろう。

 だが、父親がいた場所は、そんな夢の世界とはあまりにもかけ離れていた。そこは日本列島のはるか南に位置する第二次世界大戦末期の激戦地、硫黄島だった。

 死と隣り合わせの地で、父親が家族にあてて書いた42通の手紙。それを母親がノートに書き写して遺していた。著者も母親と同じように、そのノートを書き写したという。本書は手紙を通して父母の愛と命と死と、そして戦争とは何かを考えさせられる一冊だ。

 手紙には子どもたちの健康と成長を祈り、身重の妻を気遣う父親の優しさであふれている。出征時は幼かった著者がまもなく小学校に上がることを楽しみにしている父親の様子もうかがえる。また、新しくこの世に生まれようとしている子どもに名前を付け、何度もその名で呼んでいる。結局は生まれてからまったく別の名を両親が付けるのだが、「父母のつけた名前が一番いい名前」と言いつつも、文面からは少し残念そうな気持ちがにじみ出ている。

 この42通の手紙からは、直接的には戦場のすさまじさは伝わってこない。ただ、家族の便りに安心し、新しい命の誕生を喜び、著者が描いて送った一枚の絵が上手だと仲間の兵士たちにほめられ、鼻を高くする。そんな一父親の姿が浮かび上がってくるだけだ。

 だが、彼のようなどこにでもいそうな人間が銃を握り、戦場に立ち、ついにはこの父親のように、二度と家族の顔を拝むことのできなかった者は数知れない。これが戦争なのだと、あらためて思い知らされる。
author:自費出版図書館, category:書評, 19:33
-, -, - -